就活の「私服OK」で何着る?女子のNGな私服とオススメコーデ5選

就活と言えば、スーツ。…とは限りません。説明会や選考で「私服OK」「服装自由」「私服のみ」と、最近では私服参加を推奨する企業も増えてきました。

でも私服で来いと言われると余計に困ってしまいますよね。

どんな服を着たらいいの?
実はスーツで来るかを試しているんじゃ…

など悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。

就活中の私服参加は、もちろん私服でOKです!

しかし、いつもの通りの服装じゃ、評価が下がってしまうかも。
今回は就活中の私服参加における注意点とオススメコーデをご紹介します!

企業が私服OKという意図は…?

黒のリクルートスーツが就活のマナーと一般に言われている中で、企業はなぜ私服を勧めるのでしょうか?その目的を知ることで着るべき服を考えていきましょう。

私服OKの企業が見ているポイント

場に合った服装かどうか

私服OKとは言え、どんな服装でもいいというわけではありません。複数が参加する説明会なのか、個別の面接なのかなど、TPOを考えてその場に合った服装で来られるか、ということを見ている可能性があります。以下他にもポイントはありますが、「場に合った服装かどうか」は、最も気にするポイントと言えるでしょう。

社風に合った人材かどうか

どんな私服を選ぶのかによって、自社の雰囲気と合った人材かをチェックしていることもあります。黒のリクルートスーツでは、就活生全員近寄った雰囲気になってしまいますが、私服を着て来てもらうことでスーツでは見えない個性を見ようとしています。私服を着たときの素に近い雰囲気が自社の社風や社員の雰囲気と合うかどうかを見ているのです。

自社の雰囲気を体感してほしい

見ているポイントとは異なりますが、ベンチャー企業などスーツではなくカジュアルな格好で働く社員が多い企業では、選考で就活生に自社で働くイメージを持ってもらいたい、と私服を指定することがあります。それまでに私服で働く社員さんに多く会っている場合は、その企業で働く方の服装をお手本にコーディネートを考えると良いでしょう。

見ているポイントが分かれば、どんな私服が合うか少しずつイメージがわいてきませんか?

カジュアルすぎはNG!就活私服のNGポイント

では、いったいどんな私服を着ればいいのでしょうか?まずはいくら私服とは言っても着てはいけない(身に着けてはいけない)ものをアイテム別、ポイント別にご紹介します!

アイテム別注意点

スカート

スカートの場合は、丈が一番のチェックポイント。短すぎないように注意しましょう!理想は膝丈以上。さらにスカートに素足はできるだけ控え、ストッキングやタイツを履くように心がけましょう。

パンツ・ズボン

長ければNGなものはあまりありませんが、デニムはもともと作業着という印象があり、カジュアルすぎると判断される可能性があるので、やめておいた方が良いでしょう。またカーゴパンツやミリタリーパンツなど、アウトドアっぽいものもNG。ジャージやスウェットは論外です。また、パンツもスカート同様、丈には注意。ホットパンツや短すぎるショートパンツは控えましょう。

シャツ・カットソー

ブラウスやワイシャツであればNGなものはほとんどありません。襟が付いていると少しフォーマルな印象になるので、夏はポロシャツもオススメ。カットソーで気を付けたいのは、露出具合。襟ぐりが大きく開いているものや肩や背中が出ているもの、極端に丈が短いものは目のやり場に困るのでやめましょう。

絶対にNGなのはサンダル。ビーチサンダルはもってのほかですが、ヒールが合ったり、かかとが隠れていたりしても、サンダルはカジュアルすぎるのでやめておきましょう。足は露出すべき場所ではないので、パンプスやローファーなどでしっかり覆いましょう。スニーカーもカジュアルですが、企業の雰囲気によっては履いてもOK。判断しにくい場合も多いと思いますので、最も無難なパンプスやローファーがオススメです。

ジャケットや上着

カットソーなどの上に着る上着。シンプルなジャケットはもちろんオススメですが、やめておいた方がいいのはウィンドブレーカーやパーカー。スポーツやアウトドアを想起させるもの、自宅着に見えがちなものはやめておきましょう。またジャケットであってもデニム地はここでも控えておいた方が良いでしょう。

ニットやトレーナー

冬や寒い時の私服で着るニットやトレーナー。セーターやニットのカーディガンなどは問題ありませんが、トレーナーは過度なカジュアルになるので、やめておきましょう。

ワンピース

ワンピースはオフィスカジュアルの定番。就活でも丈と柄に気を付ければ身に着けてもOK!しかし、カットソー同様、肩や背中が大きく開いているものや胸元が見えるものはNGなので気を付けましょう。

ポイント別注意点

無地やストライプ、ボーダーなどシンプルなものがオススメ。迷彩やアニマル柄など派手派手しく見えるものはやめておきましょう。小花柄や千鳥格子、ドットは生地の色に馴染みやすいものならOK。大ぶりの花柄や大きく英単語が入ったものはオススメしません。

私服なので、色の自由度は広がります。ネイビー×白、ブラウン×カーキなどは就活私服として相性の良い色でしょう。NGなのは、ショッキングピンクや蛍光オレンジなど、賑やかな色。子供っぽい印象を与えてしまいます。また色を選ぶときは、グレー×白×薄ピンクや黒×白×緑など、3色以内に押さえるとバランスが良くなります。コーディネートに不安のある方は、2色までに押さえると失敗しないでしょう。

生地

アイテム別でもご紹介した通り、デニム地は作業着のイメージがあるのでやめましょう。またスウェット地、ウィンドブレーカーのようなシャカシャカとした生地もオススメしません。ニットや綿などは問題ありませんが、派手なシルクや毛皮のような高級感を醸し出すものは控えた方がよいでしょう。

また、私服とはいえ必ずシワのチェックを忘れずに!シワくちゃな服はだらしない印象を与えてしまいます。気を付けましょう。

就活私服オススメコーデ5選

最後にこれまでのポイントを考慮したコーディネート見本をご紹介します。自分に合ったコーデを見つけてくださいね。

ネイビーのジャケットで王道スタイル

ジャケットを羽織るオフィスカジュアルなコーデで仕事ができる女風。白のシンプルなカットソーにグレーのパンツ、ネイビーのジャケットと同色のパンプスという一番無難で鉄板なスタイル。どの企業のどのシーンでも使えます。

ガウチョパンツでちょっと楽に

ゆったりしたスタイルでカジュアルに見えがちなガウチョですが、きれいな色味、生地感のものを選べば就活私服に。カジュアルさをすこし押さえるために、上は襟付きのシャツがきれいに見えるでしょう。生地感と色味できちんと感を、ガウチョで抜け感を出すとバランスの取れたコーデになりますよ。

ニットは同系色でまとめると◎

冬の網目大きめニットは、同系色でまとめるとなじみが良く、ナチュラルな雰囲気になります。今回ご紹介するのはベージュ、その他をブラウン系でまとめることで肌馴染みのいいコーデ。ニットは少しダボっとした印象を与えかねないので、サイズ感には注意しましょう。

王道スカートでかわいらしさをプラス

 

カットソーにロングスカートできちんと感を出しつつ、女性らしいかわいらしさをなくさないスタイル。スカートの裾が広がっているものを選びAラインを作ることで、女性らしい柔らかなラインが作れます。気を付けるべきはスカートの丈と全体の色味。白×ネイビーや水色×グレーなど甘くなりすぎないようにしましょう。

女らしさの鉄板、ワンピース

最後にご紹介するのは、これぞ女子!ワンピース。一番のオススメは今回のコーデ同様シャツワンピースで腰を絞っているもの。子供っぽく見える可能性のあるワンピースがシャツ型と言うだけで大人っぽくなり、腰を絞ることでダボっとした印象をなくします。

 

 

いかがでしたか?自分のスタイルは見つかったでしょうか?まだ不安…という方は持っている服を合わせて社会人に意見をもらうと良いでしょう。私服で個性をアピールしてこれぞ自分の一社を見つけてくださいね!

m.t
ライター紹介
カケハシスカイソリューションズ4年目。マーケティング室で新商品の企画・運営を行いながら、自社の採用担当として新卒採用に携わる。好きなものは、キャンプ、フェス、映画、旅行、お酒。苦手なものは、甘いもの。