Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/shu-cream/www/shu-cream.jp/wp-includes/post-template.php on line 284

ファンデ塗るべき?就活女子のベースメイクの基礎3つのポイント

就活女子の悩みと言えば、メイク。特にメイクで時間がかかるのはファンデーションとアイメイク。

ファンデーションは適当に済ませがち…な女子も多いのではないでしょうか?

就活においてファンデーションは第一印象を好印象に変えることのできるアイテムの一つ!

 そもそも就活メイクとは

就活メイクとはいったいどのようなメイクでしょうか?

端的に紹介すると、清潔感のあるその人とその場に合ったメイクのこと。

就活メイクとして紹介されているすべてがあなたに合うとは限りません。清潔感があり、就活という場にふさわしいメイクであれば、アイプチもつけまもまつエクもOK。流行やトレンドを追わずに場と自分に合ったメイクを見つけていきましょう!

今回はメイクの土台となるベースメイクを勉強しましょう!

肌は女の魅力を変える!

ご紹介した通り就活メイクの基本は、清潔感。

忙しいとニキビやくすみが目立ってしまいますが、きれいな肌はその人の印象までも良くします。忙しくても、乾燥も油分も感じられないきれいな肌感を目指しましょう!

1.肌ツヤを整えよう

お風呂上がりや普段のケアを丁寧に行い、きめ細かいきれいな肌を目指しましょう。

2.肌を清潔に保とう

どんなに面倒臭くても、メイクはその日のうちに落とし、丁寧に洗顔で洗いましょう。

ごしごしと洗うことはNG。肌と指が触れるか触れないか程度でクレンジングしましょう。オイルクレンジングはメイクを簡単に落としてくれますが、肌への負担は大きめ。クリーム洗顔やジェル洗顔を使うと良いでしょう。

また洗顔はできるだけ泡をきめ細かく整えましょう。空気を入れ込むように泡立てることが大切ですが、手だけではなかなか大変なので、泡立てネットを使うととっても便利!

オススメはこちら
▶マイクロバブルフォーマー awa hour あわわ

3.たっぷり保湿で柔らか肌に!

人の体はほとんどが水分で出来ています。水分が抜けると乾燥して、ニキビやシワのもとに…お風呂から上がったらできるだけ早く、たっぷりの化粧水で保湿しましょう。保湿したら、せっかく入れた水分が逃げないように、乳液でしっかり保湿しましょう。

オススメコスメはこちら
▶アクアフォースシリーズ/オルビス

下地も丁寧に

ファンデーションを塗る時には必ず下地を塗りましょう。
意外とサボりがちの下地ですが、塗ると塗らないでは大違い!
下地はUVカットにもなり、ファンデーションがよれにくく、肌をきれいに見せてくれます
ファンデーションとの相性を考えれば、同じブランドのものがオススメです。

オススメ下地はこちら
▶メイクアップ ベース/RMK
プロのメイクさんも使用するベース。日本人の肌になじみやすく、ベースだけでも十分きれいになります!

ファンデは肌色と肌質に合ったものを

土台の完成を決定づけるファンデーション。自分の肌に合った色を選ぶようにしましょう。

1.初めてのファンデは試して!

ファンデーションの色やが自分の肌に合ってないと、顔だけ浮いてしまい、違和感を生んでしまいます。慣れた化粧品であれば通販購入がオススメですが、初めて買うファンデーションは必ず試してみましょう。手元に塗ってみるのが最も手っ取り早い方法ですが、時間があれば化粧品販売のお姉さんに相談するのがオススメです。

オススメファンデはこちら
▶ジェル クリーミィ ファンデーション/RMK
透明感があり、カバー力もあるのに薄づき。ナチュラルメイクの大定番です!

2.乾燥肌?オイリー肌?肌質でファンデを選ぼう

乾燥して粉がふいてしまう方や油分が出やすくテカテカになってしまう方…
肌質によって肌トラブルは異なります。

乾燥肌の方はリキッドタイプの保湿力が高いものを、
オイリー肌の方はパウダータイプのさらっとした質感のものを、

自分の肌タイプによってファンデーションタイプも選びましょう。

肌がきれいだと顔のトーンがアップし、好印象!自分に合ったファンデーションを見つけてくださいね。

まとめ

✓まずは肌のきめを整えよう!
✓洗顔、保湿はしっかり優しく丁寧に
✓下地は必需品!
✓自分の肌の色とタイプに合わせてファンデーションを選ぼう

いかがでしたか?メイクの土台のファンデーション。清潔感のあるメイクで好印象をゲットしてくださいね!

m.t
ライター紹介
カケハシスカイソリューションズ4年目。マーケティング室で新商品の企画・運営を行いながら、自社の採用担当として新卒採用に携わる。好きなものは、キャンプ、フェス、映画、旅行、お酒。苦手なものは、甘いもの。